エネルギーコストで電気使用量削減の取り組みが最も効果的

ホテル、旅館、ゴルフ場のエネルギー消費の割合は、電気使用量が最も高く、
KPLANNINGでは、電気使用量を中心としたエネルギーコスト削減を提案しております。

法人が契約する高圧・特別高圧の電気料金の構成は主に「基本料金」と「使用料金」に分かれています。
基本料金は原則1年間は固定される費用です。
契約電力によって基本料金が変動するため、契約電力をいかに下げるかが削減のポイントとなります。

一方、使用料金は電気使用量によって変更しますので、毎月変動しています。
電気使用料金は実際に使った電気使用量に使用料金単価と燃料調整費・太陽光付加金・
再生エネルギー賦課金を掛け合わせた金額となります。
電気使用料金の総合単価が大幅増加している現在、電気使用量の削減が必須となります。

当社は基本料金と使用料金の合理的な削減を提案いたします。

省エネ設備投資を最大限に有効化

一口に「エネルギーコストの削減」と言っても、様々な削減のためのアプローチがございます。
ホテル、旅館、ゴルフ場など施設の広さ・利用時間・使用設備など、環境によって削減方法は大きく異なります。
KPLANNINGでは、省エネ設備投資を最大限に有効化する実績とノウハウを有しております。
省エネ設備投資をご検討の際は、ぜひご相談ください。

お問い合わせ
ページ
最上部
TOP
PAGE