補助金・助成金を活用し、省エネ設備投資を大幅に削減

地球温暖化対策や省エネ化方針から、国や地方自治体を通じて年間数千以上の施設が空調、照明、給湯などの省エネ設備更新をされています。
KPLANNINGでは、お客様の設備状況をもとに最適な補助金を選定し、省エネ設備投資を1/3~1/2に削減する補助金活用コンサルティングを行っております。
採択率を上げるための省エネ設備の選定から書類作成、KPLANNINGでの施工、完成検査のための報告書の作成まで、ワンストップで補助金の活用をサポートします。

補助金対象設備の一例

補助金・助成金活用の流れ

補助金・助成金の申請にあたってKPLANNINGにご依頼いただいた場合、以下の流れで導入を進めて参ります。
原則、申請者(お客様)にお手間を煩わせないように申請手続きをいたしますが、採択後の監査などを考慮し、
都度状況報告や注意事項を報告のうえ、現地調査~成果報告までをサポートいたします。

申請可能な補助金事業例

補助金は年度によって変更されますが、主な国、地方自治体の事業例は以下のとおりです。

管轄省庁 補助金名 補助率 補助金上限
経済産業省 先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金 1/3~1/2 1億~15億
電力需要の低減に資する設備投資支援事業費補助金(H31年度から) 1/3~1/2 15億
環境省 工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業のうち設備更新補助事業 1/3 1億~5億
低炭素機器導入事業 1/3~1/2 2000万円
ASSET(アセット)事業 1/3~1/2 1億
国土交通省 既存建築物省エネ化推進事業 1/3 5000万円
東京都 中小規模事業所向け省エネ型換気・空調設備導入支援事業 1/2 1000万

 

お問い合わせ
ページ
最上部
TOP
PAGE